≪塗装のうんちく≫ 外壁塗装 屋根塗装 リフォーム|静岡県焼津市 古優築

営業時間8:00-18:00年中無休 054-639-6072 421-0205静岡県焼津市宗高1277-1-1F

古優築 ホーム > 塗装のうんちく一覧 > 記事詳細

塗装のうんちく

塗装職人が、外壁塗装のあれこれ教えます。

外壁塗装の塗料の選び方 ~それぞれの塗料の違いは?

うんちく話イメージ
外壁塗料で一番人気があるのは、やはりシリコン塗料ですね。耐久性としては、大体10年前後でしょうか。
ただ、塗料を選ぶときに、シリコンだから良い、ウレタンだから良くない、金額が高いからよい、というのは、少し違うと思います。
例えば、シリコンよりは、下のウレタンですが、塗料は実際に使う前に、硬化剤などと混合・希釈して、使用します。また、ウレタン塗料自体、技術の進歩で、シリコンと大差はなくなっています。(耐久性も、ウレタンの方が、短く思われがちですが、私の経験上、耐久性も大きくは変わりません)
ですので、多少価格を抑えて・・・という方には、ウレタンをオススメすることもあります。

また、それと同じく大切なのは、混合比率が適正かどうかです。塗料は、実際に使う前に、硬化剤などと混合・希釈して、使用します。よく、目分量で混合・希釈する職人さんがいるようですが、メーカーの指定通りの比率で混合しないと、塗料が本来持つ耐久性や性能は発揮できません。
さらに、季節によっても若干配分が変わります。それは湿気や気温などを加味して変わるのですが、そこまで塗料にこだわっているかどうかも、きちんと見極めていただきたいと思います。

高い金額のシリコンやフッ素を使っていても、そもそも、素材との相性を加味していなかったり、適切に計量されていないのでは、意味がありません。

とはいえ、お客様の立場で考えると、塗装のことはそこまで詳しくないと思います。ですので、困ったとき、迷ったときは、お気軽にご相談ください。お客様の立場にたって、親身にご相談に乗ります。

うんちく 一覧へもどる

ページトップ