外壁塗装の塗料の選び方 ~それぞれの塗料の違いは?

外壁塗料で一番人気があるのは、やはりシリコン塗料ですね。耐久性としては、大体10年前後でしょうか。
ただ、塗料を選ぶときに、シリコンだから良い、ウレタンだから良くない、金額が高いからよい、というのは、少し違うと思います。
例えば、シリコンよりは、下のウレタンですが、塗料は実際に使う前に、硬化剤などと混合・希釈して、使用します。また、ウレタン塗料自体、技術の進歩で、シリコンと大差はなくなっています。(耐久性も、ウレタンの方が、短く思われがちですが、私の経験上、耐久性も大きくは変わりません)
ですので、多少価格を抑えて・・・という方には、ウレタンをオススメすることもあります。

また、それと同じく大切なのは、混合比率が適正かどうかです。塗料は、実際に使う前に、硬化剤などと混合・希釈して、使用します。よく、目分量で混合・希釈する職人さんがいるようですが、メーカーの指定通りの比率で混合しないと、塗料が本来持つ耐久性や性能は発揮できません。
さらに、季節によっても若干配分が変わります。それは湿気や気温などを加味して変わるのですが、そこまで塗料にこだわっているかどうかも、きちんと見極めていただきたいと思います。

高い金額のシリコンやフッ素を使っていても、そもそも、素材との相性を加味していなかったり、適切に計量されていないのでは、意味がありません。

とはいえ、お客様の立場で考えると、塗装のことはそこまで詳しくないと思います。ですので、困ったとき、迷ったときは、お気軽にご相談ください。お客様の立場にたって、親身にご相談に乗ります。

外壁塗装の保証って、どうなの?どこまで保証してくれるの?

外壁塗装によくある保証。10年保証とかありますよね。

私も長いこと、お客様とお話していると、保証があるとやっぱり皆さん安心しますよね。

でも、保証ってどうなんでしょうか。(決して、保証が悪いという意味ではないです^^;)

例えば、何が、どうなったら、保証で対応してくれて、何が保証の対象なのでしょうか。

私が思うのは、保証って、本当はとても難しいと思っています。

なぜなら、同じ家でも、北側の壁は、日が当たらず、湿気などの問題があります。

逆に南側は、強い日差しにさらされます。

これを同じ条件で果たして保証できるのかが、疑問なのです。

また、海に近いご自宅であれば、潮風もあるでしょう。

雨が多い年もあれば、少ない年もあります。

では、地震で家の外壁の一部が崩れたときは?

 

など、考えたらきりがありませんが、保証が本当にすべてを保証してくれるのであれば素晴らしいことです。

ただ、実情は、その費用も、お客様からのお支払いの費用に実際は含まれているのではないでしょうか。

 

古優築の考えとしては、

なにもなければ、だいたい10年は持ちます。10年たったら、再施工してください。

保証はありませんが、10年前後は持ちます。

コチラの施工の瑕疵によるものは、当然、無償で対応します。

しかし、やむを得ない部分は、ちゃんとご説明します。

そして、契約上の保証はありませんが、その分、価格に反映させています。

 

地域密着だからこそできる、きめ細やかなサービスがあります。

何かあれば、飛んでいけます。

 

焼津市、藤枝市、島田市、吉田町で、外壁塗装をお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

 

よくある外壁塗装の失敗例 ~これまでお客様から伺った失敗事例です

外壁塗装や屋根塗装には、塗ってもよいものと、塗ってはいけないものがあります。

それを十分に知らない職人がやってしまうと、2,3年たつと、その塗装が、バリバリにはがれてきます。

さすがに、外壁でそれを見たことは1,2回しかありませんが、屋根は何回か見たことがあります。

確かに、塗装をすれば、費用はもらえるので、塗装屋としてはいいのでしょうが、なんのために塗装しているのかと、同じ職人として、残念な気持ちになります。

古優築では、そういうことが無いよう、塗れないものは、塗れません、と言いますし、劣化が気になる様であれば、代替案もご提示いたします。

お気軽にご相談ください。